じゅうだん会
TOP じゅうだん会とは 参加行紹介 ニュースリリース
じゅうだんかいとは?

じゅうだん会とは、山形銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、八十二銀行、阿波銀行、宮崎銀行、琉球銀行が情報システム共同化に関し合意したものです。
本合意は、銀行間で共通する業務だけを対象としていた従来の共同化に対して、商品やサービス、事務処理手順などにも踏込んで業務の統合を図るものです。
銀行の競争力は、事務処理やシステムの独自性ではなく、その上でどう仕事するかにあります。取扱商品やサービス、行内事務処理手続まで統一することを目的とします。
システム共同化によるメリットは次の3点です。

  • システム開発力の拡大とスピードアップ
  • 人材の戦略的配置
  • 共同化によるコスト削減

グループの名称は日本列島を縦断する仲間という意味から「じゅうだん会」と命名しました。

1.じゅうだん会基本理念

本会は、会員が基幹系システムはもとより、できる限り広範囲のシステムを共同化し、効率的なシステム開発・運用を行うこと、 さらに、商品・サービス、事務処理手順についても統一化を図り、より一層のシステム共同化効果をあげることを目的とします。

2.共同化の内容

(1)基本スキーム

ア. 八十二銀行の現行システムをもとに、共同化システムとして必要とされる要件と各行の共通ニーズを組み込んだ共同版システムを八十二銀行が開発し、 各行は体制が整い次第、順じ共同版システムへ移行します。
イ. 八十二銀行は、今後開発するソフトウェアの使用権を日本アイ・ビー・エム鰍ノ許諾し、各行は日本アイ・ビー・エム鰍ノ各行システムへの適用を委託いたします。
ウ. 今後のシステム開発案件の協議の場として「システム協議会」を設け開発案件を決定し、八十二銀行がそのシステム開発を担ってまいります。

(2)共同化の範囲

八十二銀行が開発した(今後開発するものも含む)すべてのシステムを対象とし、出来る限り広範囲の共同化を目指します。

<具体的なシステム事例>
ア. 基幹系システム(勘定系・情報系)
イ. 営業店端末・ATMシステム
ウ. 本部業務系システム(採算管理・ALM・経理など)
エ. ダイレクトチャネル系システム(インターネットバンキングなど)
オ. 業務システム(融資支援システム、CRMシステムなど)

(3)共同化によるメリット

ア. システム開発の拡大とスピードアップ
各行は実質的な開発力拡大により、商品・サービスの開発範囲の拡大や開発スピードアップが可能となることから、 多様化するお客様のニーズに迅速にお応えできます。
イ. 人材の戦略的配置
企画・開発を一行が担うことにより、各行はシステム要員の育成・管理から開放されることになります。 システム要員のより戦略的な再配置が可能となり、経営資源の有効活用につながります。
ウ. 共同化によるコスト削減
各行が、単独でシステム開発を継続していくことに比べ、本共同化スキームにより、システム投資・経費の削減を図ります。

3.じゅうだん会経緯

昭和46年4月八十二銀行総合オンラインシステム稼働
昭和48年 八十二銀行総合オンラインシステムを琉球銀行へ譲渡
昭和61年3月八十二銀行と琉球銀行が新総合オンラインシステムを共同開発することに合意
平成元年5月八十二銀行新総合オンラインシステム稼働
平成2年5月琉球銀行新総合オンラインシステム稼働
平成5年10月親和銀行新総合オンラインシステム稼働
平成6年1月八十二銀行と琉球銀行が新国際システムを琉球銀行と共同開発
平成6年5月山形銀行新総合オンラインシステム稼働
平成7年1月阿波銀行新総合オンラインシステム稼働
平成12年4月「6行会」システム共同化に基本合意
平成12年5月関東銀行新総合オンラインシステム稼働
平成12年7月「6行会」へ関東銀行加盟を契機に「じゅうだん会」に改称
平成13年1月宮崎銀行新総合オンラインシステム稼働
平成13年4月「じゅうだん会」システム共同化最終合意・共同版システム開発着手
平成14年3月八十二銀行共同版システム開発完了・稼働
平成14年4月武蔵野銀行が「じゅうだん会」へ参加
平成16年1月阿波銀行で共同版システム稼働
平成17年1月山形銀行で共同版システム稼働
平成18年1月武蔵野銀行で共同版システム稼働
平成18年1月琉球銀行で共同版システム稼働
平成19年9月親和銀行がふくおかフィナンシャルグループとの経営統合により退会
平成20年1月関東つくば銀行で共同版システム稼働
平成23年1月宮崎銀行で共同版システム稼働