じゅうだん会
TOP じゅうだん会とは 参加行紹介 ニュースリリース

平成18年1月4日

共同版システムへの移行のお知らせ

 株式会社 琉球銀行(頭取 大城 勇夫)は、本日、平成18年1月4日より、複数の地方銀行で基幹システムを開発、維持する共同版システムへ移行しましたのでお知らせします。

1.共同版システムについて

(1) 共同版システムとは、平成13年4月に当行をはじめ八十二銀行、山形銀行、関東つくば銀行、武蔵野銀行、阿波銀行、親和銀行、宮崎銀行の8行(じゅうだん会)で合意された地銀共同システムで、八十二銀行(頭取 山浦愛幸)の基幹系システム(勘定系、情報系)をもとに、共同システムとしての要件と各行共通ニーズ等を組み込み、平成14年4月に八十二銀行が移行しています。

(2) 共同版システムへの移行は、平成16年1月の阿波銀行(頭取 古川 武弘)、平成17年1月の山形銀行(頭取 長谷川 吉茂)に続いて、今回の当行ならびに武蔵野銀行の移行で4行となります。今後、他の参加行も順次共同版システムへ移行していく予定です。

日本列島を縦断した地域の銀行のプロジェクトであることから「じゅうだん会」と名づけています。

2.共同版システム移行の狙い

(1) お客様のサービス向上最新鋭のコンピューター技術の早期導入が可能となり、今後、従来以上にお客様のニーズに合った様々な金融サービスのご提供が可能となります。

(2) スピーディーなシステム対応社会環境の変化や制度変更などにスピーディーな対応が可能となります。

(3) 商品・サービスの共同開発「じゅうだん会」のシステム共同化では、システム面だけでなく、事務・商品・サービス等の共同開発にも力を入れていきます。

以 上